2008/03/04 : 情報セキュリティ文化賞受賞

2008年3月4日、情報セキュリティ文化賞をいただきました。以下は賞状にていただいた文面です。

貴殿はわが国における暗号理論符号理論研究の泰斗としてアレー符号化並びに二重拡大BCH符号化の提案 ユークリッド復号法の発見 さらにHP暗号 多次多変数暗号の提案等 顕著な業績を残されているほか 理論・実用両面で近年注目を集める楕円暗号の研究基盤の構築・普及・発展に寄与される一方 情報通信倫理研究専門委員会委員長 IEEE SIT Society日本支部長として技術倫理の確立・啓発に尽力されるなど情報セキュリティの発展に多大な貢献をされました
その功績を称えここに情報セキュリティ文化賞を贈り表彰いたします

2008年3月4日

情報セキュリティ文化賞審査委員会委員長
情報セキュリティ大学院大学学長
辻井重男